症例集|大阪・天王寺矯正歯科クリニック

HOME 天王寺矯正歯科クリニックへのアクセス 予約フォーム

天王寺矯正歯科クリニック 矯正治療症例集

矯正装置の種類と治療費用

 Case.1 上顎前突(出っ歯)非抜歯 Case.2 反対咬合 Case.3 開咬
 Case.4 下顎前突(受け口) Case.5 叢生(凸凹) Case.6 部分矯正
 Case.7 補綴併用 Case.8 埋伏歯
上顎前突(出っ歯)非抜歯
上顎前突(出っ歯)非抜歯 上顎前突(出っ歯)非抜歯

俗に“出っ歯”と言われるように、上の前歯や上顎が下の前歯より著しく前方に突出した不正咬合。原因は指しゃぶりや舌癖などの習癖、鼻疾患による口呼吸です。

ページトップへ戻る
反対咬合
反対咬合 反対咬合

咬み合わせたとき、下顎前歯が上顎前歯よりも前に突き出る不正咬合で、さらに上顎が下顎の内側に入りみ、前後逆に咬んでる状態を反対咬合と言います。

ページトップへ戻る
開咬(かいこう)
開咬(かいこう) 開咬(かいこう)

上下の歯を咬み合せても、前歯や横の歯が接触せず、咬み合わない不正咬合。 原因は指しゃぶりや舌癖などの習癖、鼻疾患による口呼吸です。

ページトップへ戻る
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口) 下顎前突(受け口)

咬み合わせたとき、下顎前歯が上顎前歯よりも前に突き出る不正咬合。原因は遺伝、乳歯が早く抜けたり永久歯への生えかわりがスムースに行われない場合、鼻疾患、舌癖、大きな舌、短い舌小帯です。

ページトップへ戻る
叢生(凸凹)抜歯
叢生(凸凹)抜歯 叢生(凸凹)抜歯

上下の前歯や小臼歯が重なりあって、でこぼこになった不正咬合を叢生という。顎骨が小さく、歯の生えるスペースが足りないため、犬歯・小臼歯部・第二大臼歯などが傾斜して生える場合も多い。 原因は遺伝・乳歯の早期喪失・外傷、噛むことの不足による顎骨の発育不良です。

ページトップへ戻る
部分矯正
部分矯正 部分矯正

一部の歯のみの位置異常を改善する矯正治療をMTMといいます。ピッタリと適応する症例は少数ですのであまり一般的とは言えませんが、適用できる症例の場合、3〜6ヶ月の治療期間で終わる場合もあります。

ページトップへ戻る
補綴(ほてつ)併用
補綴(ほてつ)併用 補綴(ほてつ)併用

前歯や奥歯の位置や咬み合わせがわるいと、下顎の動きをさまたげて顎関節症の原因になることがあります。また、位置のわるい歯に噛む力が強く加わって、歯の周りの骨や歯肉をいためるので、矯正治療によって歯の位置を改善し、人工歯を入れる準備をおこないます。

ページトップへ戻る
埋伏歯
埋伏歯(まいふくし)

永久歯の生える時期がすぎても、歯が歯肉の下や顎の骨の中に埋まっていたり、歯の一部だけが出ていても、それ以上生えてこない状態です。

ページトップへ戻る

天王寺矯正歯科クリニック

天王寺矯正歯科クリニック診療時間